インプラントの治療に用いられる最新の設備


近年、インプラント治療は欠損歯を補うための治療法として大変注目されています。インプラント治療ではチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、セラミックなどでつくられた人工歯の冠を被せます。この治療により天然歯と同等の安定感のある噛みあわせを再現することが可能となります。又、非常に審美性の優れた治療法で天然歯と同じような形状の歯を取り戻すことが可能です。この治療には一般的な歯科治療とは異なる最新の技術を駆使した設備が必要となります。ここではインプラント治療に使用される最新の設備をご紹介致します。 先ず最初に、インプラント治療にはCTスキャンが必要不可欠です。このCTスキャンを使用することによりインプラント治療を施す場所の断層写真を撮り、インプラントに必要な骨や歯の詳細なデータを入手します。CTスキャンでの画像を分析し治療の前の検査と診断に使用します。又、インプラント施術後の患者様の回復過程を調べることも可能となっています。このCTスキャンを使用することによりインプラント施術の安全性が飛躍的に向上します。 次に、インプラント治療で必要な骨の切削には超音波を使用したメスが使用されます。インプラント治療は人工歯根を顎の骨に埋め込むために骨を切る処置が必要ですが、神経や血管に必要以上の損傷を与える事無く安全に処置を施すために超音波メスが使用されます。この超音波メスの使用でより繊細な治療が可能となり、熱による治療部位への影響が少ないためインプラント治療には欠かせないものとなっています。このようにインプラント治療には最新の技術を駆使した設備が使用されています。